Monthly Pickup Artist

Monthly Pickup Artist 2019/11

Monthly Pickup Artist

Harokkaを彩る旬なクリエイターを毎月紹介し、その活動や人柄にスポットを当てるコーナー。普段のお仕事や意外な一面、作品への想いなど、気になるクリエイターに注目!
第10回は、さまざまな動物や花々を描き、絵画を通じてみんなの心に花を咲かせるアーティスト NAOさんをピックアップ!

クエスチョン

Q1 絵を描き始めたきっかけはなんですか?

絵を描くことは、小さい頃から好きでした。
小さい頃のビデオに、タンス全面に落書きをして、躾されている記録がありましたので。
3歳くらいの幼少期から好きだったんだと思います。
なので、「好き」とか「楽しい」などの気持ちが大きかったと思います。

本格的に作家活動、絵を描くようになったのは、大学の視覚伝達デザイン学科の先生との出会いでした。
「キミは絵を描いてみたらどうだろう?」と声をかけていただいたことがキッカケです。
結構驚かれますが、なんと、卒業後なんですね。
美大ではテキスタイルアート・デザインをしていたので、絵という絵は描いていなかったです。課題で描く機会はありましたけれどね。

クエスチョン

Q2 子供の頃はどんなお子さんでしたか?

う〜ん、自分でも色々な面があるなぁと思うので、難しいですが。
天真爛漫だったり、人見知りだったり、繊細だったり、わんぱくだったり。
自分でも扱いづらいな〜って思いながら生きてきました。(苦笑)
でも今は丸ごと受け止めてあげられているかなと思います。

感受性の強い子ども、だと思います。(笑)
それは、今も変わらないかもしれませんが、大人になってから、感情は自己コントロールできるようになっていますね。
子供の頃は感情任せに動くことが多くて、大変でした。

クエスチョン

Q3 一番記憶に残っているお仕事はなんですか?

どれもいつも、本気で向き合っているので、決め難いですね。
ということで、全部1番?(笑)

クエスチョン

Q4 今までで一番苦労したお仕事はなんですか?

私は絵を描くと言っても、幅広く活動させていただいているんですよね。

基本的にはいつも新しく「チャレンジすること」が多いので、気持ち的に「前に行く」必要が出てくるんですね。

「決めること」が苦労かなぁ。
人には見えないですけれどね。

作業は決まれば、進めるしかないので「心で決める。」そういう事が大事だと思っています。

クエスチョン

Q5 デザインをする中で、特に意識していることはありますか?

意識しているのは、「コミュニケーション」かもしれません。

今だからわかるのですが、何でも、「相手ありき」だなと思うんですよね。

なので伝わらないと意味がないと思うし、世の中に何かを生み出すのなら、見てもらったり 使ってもらわないと意味がない。

そういう思いでいます。もちろん、自分の思いを大切にするのは大事です。
でも、「自分自分!」だけではダメな部分もある。
だから、最近は「作品」だけを発信するのではなくて、しっかり自分の言葉にして伝えるようになりました。

「アートって自由でいいよね」と言われますが、私は元々、デザイン科出身なので、 無意識に自分で制限をかけてから、それでも自由を探して表現している感じなんですよね。
(なんだか、かっこつけてしまった笑)
それに、自由って一番難しかったりしませんか?(笑)

クエスチョン

Q6 アーティスト活動をされていて、一番嬉しかったことはなんですか?

やっぱり、見てくれる人の気持ちが良い方向に変わるキッカケになっていることかなと。

例えば、こんな感想をいただきました。
NAOさんの絵が、毎日自分を奮い立たせてくれるんです。とか
さっき夫婦ゲンカしたんですけど、NAOさんの絵を見たら、やっぱり謝ろうって思えました。とか。
私本人が、ひとりひとりに会って働きかけるのは現実的にムリなので、こうやって作品が勝手に見てくれた人の心に作用して影響を与えてくれているのが、特に嬉しいポイントです。

それが、私の活動を続けていく意義の一つになっていますね。

クエスチョン

Q7 デザイン・アート以外の趣味や特技はありますか?

趣味はインスタグラムで可愛い動物を探して癒されたり、日頃からインスピレーションを受けられるような場所に出向いたり。

暮らしを考えることが好きなので、主婦向け雑誌とか読んだりします。
インテリアが大好きなので、整理術とかそういうのも読み漁ったりしていますね。

あとは、気が向いたら、お菓子作りをすることもあります。
健康志向なので、材料を健康的なものに置き換えて、なるべく糖質カットしたお菓子とか(笑)

クエスチョン

Q8 将来の展望や目標はなんですか?

そうですね、作品をより多くの人に届けたいですね。もっともっと。
なので、絵画作品だけではなく、これから色々展開させていきたいですし、チャレンジしたいです。

例えばNAO作品×医療のように、病院にアートを取り入れることで患者さんの気持ち、そこで働く人の気持ちまで癒してあげられたり。
それこそ、インテリア方面にもチカラを入れて行きたいです。
あ!あとスポーツウェアを作りたいです。
運動って気持ちが良いですよね。
運動って書いて、「運を動かす」って書きますから、大事だと思っています。
人の運を動かす力になれる、アートなスポーツウェアを作りたいです!

クエスチョン

Q9 クリエイターを目指す方にアドバイスがあれば教えてください。

クリエイター。
カタカナで横文字の響って、表面的になんだかカッコいい雰囲気がそれだけで出ちゃいますが、実際やっていることは、超地味だったり、地道な作業が多かったりします。
アウトプットされたものが華やかに見えるだけで、裏側は...(苦笑)
なので、「好き」な気持ちをどれだけ維持できるか、だと思います。
そして実は、好きだけじゃダメな気がしています。
好きの中に、どうしても嫌いとか、苦手、面倒くさいという感情がって入ってきます。
全部丸々好きってあまりないんじゃないかなぁ?
そういうことさえも、愛を持ってできるか。だと思いますね。
あとは、人に任せる、という方法もありますね。

クリエイターを目指す人って、きっと自分の中の「好き」を大事にしたいタイプだと思いますが、「好き」+α、ビジネスの知識や人間関係とかそういう知識知恵も必要になってくると思います。なので、常にアンテナを張れるというか、学ぶのが大好きな人。
自分のブレない軸は持ちつつ、素直に取り入れられる柔軟性等が必要になってくるかもしれません。
それは、実践の中で身につけて行くのが良さそうです。

クエスチョン

Q10 今後Harokkaでやってみたいことはありますか?

内装をリフォームしたり、新築の内装を決めていく際に、物件ごとに作家と掛け合わせてみたら、なんだか面白いかもしれない、と思いました。

アーティストのエネルギーが味わえる空間。 やっぱり日常的にアートを楽しめる環境を提供できるようなことをしてみたいですよね。

現在、千葉県八千代市のcafe Pic Nicにて、NAOさんの個展「Picnic on the earth」が開催されています。
ART×CAFEと題し、八千代市の各カフェと各作家がコラボして、期間中「オリジナルの空間」を創り上げます。
「アーティストとして、地方活性化というか、育ってきた場所に、何かできたらいいなと思っていたので、とても光栄な機会をいただきました」とコメントをくださいました。
今月からは市民ギャラリーでのグループ展も控えており、ますます活動的なNAOさんに注目です。

ART×CAFE 2019 公式ウェブサイト

NAOさんのデザインした商品・クリエイターページはこちら

キャッシュレス決済で最大5%還元
Harokkaはキャッシュレス消費者還元事業の登録店です

【ご好評につき期間延長】10/1~10/31までの期間限定で10,000円(税別)以上お買い物いただくと送料無料となります。
※沖縄県の含む一部離島地域は対象外となります。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

当店ではお客様からいただいたメールには2営業日以内に返信をしております。2営業日を過ぎてもメールが届かない場合は、メールトラブルの可能性もございますので、お手数ではございますが、こちらからお問い合わせいただけますよう宜しくお願い申し上げます。

ページトップへ