Harokkaの「ふすま用リメイクシール」

ふすま紙をはがさずに上から貼るのなら
初心者でも貼れるんじゃないだろうか?

そんな疑問にお答えするべく「クリエイターズ壁紙 | Harokka」のスタッフ(DIY初心者)が実際に貼ってみました。
初心者ならではの失敗もふくめてお楽しみください(笑

今回使用したのは「クリエイターズ壁紙 | Harokka」の「ふすま用リメイクシール」
デザインはirohanaシリーズの「五色梅」です。

ふすま用リメイクシールで襖をリメイク

今回、ふすま用リメイクシールでリメイクする襖です。
もともとの襖紙が茶色く変色している一枚です。
アイロンで貼り付けるタイプの白い襖紙(数年前にホームセンターで購入)が重ねて貼ってあります。

もともと貼ってある襖紙をはがす

この白い襖紙の上からふすま用リメイクシールを重ねて貼ろうかと思いましたが、ところどころ糊が弱くなって浮いていたので、白い襖紙だけをはがしました。
白い襖紙は数年前に購入して自分で貼ったものですが、結構簡単にはがれました。

ところどころ糊が強い場所があったので、その場合はドライヤーで温めながらゆっくりとはがしました。

白い襖紙を全てはがすと、下から茶色く変色したもともとの襖紙が現れました。
なかなか歴史を感じる重要文化財のような風合いです(笑

襖紙の上からふすま用リメイクシールを貼る

この茶色く変色したもともとの襖に重ねて貼ってはがせる壁紙を貼っていきます。

襖枠のまわりをなぞって折り目を付けます。
今回は壁紙施工用の竹べらを使用していますが、スキージでも大丈夫です。

しっかり折り目が付いたら木枠に合わせてカッターでカットしていきます。

注意点としては、襖は木製の枠と紙でできているので古くなってくると枠自体がゆがんでいることがままあることです。
左右を枠にぴったり合わせて上から貼っていくと下の方で合わなくなったりすることがあるので、枠から少しはみ出すように大きめに貼っていった方が良いです。

今回も最初の一枚を枠に合わせて貼っていったのですが、最後が合わなくなってちょっとだけ貼り直しました。
襖は紙が使われている事が多いので、丁寧にゆっくりはがさないと下地ごとはがれてしまいます。
万が一はがすときはゆっくりゆっくりです。

後で職人さんに聞いたら、
「本当は貼る前にしっかり合わせてみるんだよ……」
と言われました……(笑

失敗から学んで成長できるのもDIYの楽しさですよね!!

穴が空いている場所を発見!

ここまで順調に貼っていきましたが、途中で穴が空いている場所を見つけてしまいました。
通常はパテなどで埋めるのですが、今回は手抜きをしてセロテープでふさいじゃえ!!(笑

セロテープで補修したら上からふすま用リメイクシールを貼っちゃいます。
ハロッカのふすま用リメイクシールが表面がエンボス(立体)加工されているので、凹凸が目立ちません。

どうでしょう!?
穴の位置が全くわからなくなりました!!

引手の形に切り抜く

襖の引手(取手)部分です。
襖の引手は簡単の取れるものが多いのですが、我が家の引手はがっつり糊付けされていてはずれなかったので引手の形に切り抜きました。

引手の切り抜き方

  1. 画像のように対角線上に十字に切ります。
  2. 引手に合わせてスキージでしっかり貼り付けてから余分な部分をカッターで切り落として完成です。

カッターで切る時に力を入れすぎて引手に薄く傷が付いているのはご愛嬌(笑
引手に重なっているふすま用リメイクシールだけを切ればいいので、本当はもっと弱い力で大丈夫です。

これも失敗から学びました(笑

完成

ジャジャーン!完成です!!
結構キレイに貼れたと思いませんか!?

悠久の歴史を感じる茶色く変色した襖が、艶やかに咲き乱れる梅の園に生まれ変わりました。
満開の梅の花を見ながらおうちお花見です。

まとめ

実際にふすま用リメイクシールをふすまに貼ってみて思ったのですが、大きな壁一面に壁紙を貼るよりも、大きさが決まっている襖にふすま用リメイクシールを貼る方が貼りやすかったです。
襖枠を定規がわりにできるので余った部分をカットするのも簡単でした。

襖のリメイクは初心者にオススメのDIYです。
是非みなさんもチャレンジしてみてください!

ふすま用リメイクシール