リメイクシートとは

リメイクシートとは家具や雑貨を簡単にリメイクできるシール式のシートの事です。
近年のDIYブームもあり、誰でも気軽に挑戦できるDIY入門アイテムとして人気があります。
水回りにも使える防水性のものや、傷に強いもの、デザイン性の高いものなど、様々な種類のリメイクシートが販売されています。
サイズも、ノートやキャニスターなどをリメイクできるA4程度のものから、家具やキッチン扉までリメイクできる、1m以上のものまで多種多様にあります。

リメイクシートの貼り方

リメイクする素材を掃除する

油汚れなどが残っていると、シールが上手く張り付かなかったりします。
普段使っているキッチンや家具などをリメイクする場合は、リメイクシートを貼るまえに市販の中性洗剤で掃除をしましょう。
洗剤などの水分が残っていると、はがれやすくなりますので、仕上げの乾拭きをします。
新品のノートやキャニスターなど新品の雑貨をリメイクする場合は、ホコリを払う程度で、そのまま貼っても大丈夫です。

リメイクシートのサイズを合わせてみる

実際にリメイクシートを貼る前に、リメイクしたいものに当ててシミュレーションをしておきましょう。
いきなり貼り始めると曲がってしまったり、微妙にサイズが足りなかったりと予期していない自体が起こりえます。

リメイクしたいものにリメイクシートを貼る

リメイクシートは裏面がシールになっているので、裏紙をはがして貼るだけです。
最近のリメイクシートは一度貼ってもはがしやすい素材でできているものが多いので、平滑面(つるつるした面)であれば、多少失敗しても貼り直しが可能です。
ノートや紙製のカラーボックスの場合は、一度貼ったリメイクシートをはがすのが難しいので、しっかりシミュレーションをしておきましょう。

一気に貼ろうとすると曲がったりシワが寄ったりする事もあるので、最初は裏紙を数センチはがして軽く貼って位置を合わせます。
基本的に最初が真っ直ぐに貼れていれば、そのまま貼っていっても曲がる事は少ないです。
逆に最初が曲がっていると、どんどん曲がっていってしまうので、最初のシミュレーションは大切です。
貼り終わった後は、余分な部分を切り落とせば完成です。

リメイクシートで雑貨をおしゃれに簡単リメイク

リメイクシートはアイデア次第でたくさんのDIYが楽しめます。
まずは身近な小さなものからDIYにチャレンジしてみませんか?
ノートの表紙にそのまま貼ってオリジナルノートを作ったり、名刺ケースに貼ったりと、ステーショナリーグッズのリメイクにも最適です。
切り抜いてオリジナルシールを作ったり、ラッピングのアレンジ、お掃除ロボットのデコレーションにも使えます。

bofore

after

大きなリメイクシートはカラーボックスやテーブルなどもリメイク可能

大きなリメイクシートを使えば、カラーボックスや家具もリメイク可能です。

リメイクシートの中には水を弾く耐水性の高いものや、傷や汚れに強いものもあります。
このタイプでしたら食器類で傷つきやすいダイニングテーブルもリメイクする事ができます。

まとめ

リメイクシートを貼れば、見慣れた雑貨類や古くなってしまった家具類も、見違えるように綺麗に生まれ変わります。

  • DIYに挑戦してみたいけど、上手くいくか心配……。
  • 壁紙を張り替えるのはちょっと大変そう。
  • 古くなった家具を捨てようと思ったけれど、綺麗になるなら、まだまだ使いたい!

そのような方には、DIY入門としてもおすすめです。