用意するもの

  • メジャー
  • カッター
  • 鉛筆
  • スキージー
  • 5円玉と糸と押しピン
  • 脚立
  • 竹べらと地ベラ(あると便利)

1. 壁紙を貼る壁のサイズを測り掃除をします


貼りたい面の壁の横幅と高さを測り、メモに残しておきます。(Harokkaの壁紙は高さ2m80cmの規格のため、高さ2m75cm以上の面には使用できません。ご注意ください。)
また、壁にゴミがついていたり、汚れていたりすると、シール式壁紙がはがれやすくなってしまいます。
事前にゴミや埃を取り、汚れがひどい場合は水拭きしてください。
※水拭きをした場合は、十分に乾かしておきます。

2. 貼り始めの位置を決めます。

貼りたい面の左端から貼るか、右端から貼るかを決めます。

3. 垂直方向に基準線を引きます。


Harokkaの壁紙は横幅70cmですので、貼り始めの位置から、貼っていく方向70cmの位置に印をつけます。
印から糸に結んだ5円玉を押しピンで垂らします。
糸に沿って、鉛筆で垂直に線(基準線)を引いてください。
糸は長めにしておくと、より長い基準線が引け壁紙を貼りやすくなります。

4. 壁紙を仮止めし、基準線に合わせて貼っていきます。

基準線に壁紙を合わせ、曲がっていなければ裏紙を10cm程はがし仮止めします。
その際、天井から2~3cm程余らせておきます。
問題がなければ、裏紙を少しずつはがして、スキージーでしっかり圧着させながら貼っていきます。
中心から外側へ空気を逃がすように貼ると、きれいに仕上がります。(かんたんタイプ壁紙は、シール面を何度も素手で触ると、皮脂が付着しはがれやすくなる場合がありますので注意してください。)

5. 上下の余分な壁紙をカットします。

貼り終えたら、天井と床の角を竹ベラ(なければスキージーを使用)でしっかり押さえ、折り目をつけます。
折り目に沿って、カッターで余分な壁紙を切り落とします。

竹ベラでしっかり折り目をつけ、地ベラにカッターの刃を当てながらカットすると、まっすぐきれいに切ることができます。

6. 柄を合わせながら2枚目以降を貼っていきます。

1枚目と同じ手順で2枚目以降を貼ります。
この時、1枚目と柄を合わせながら10mmずつ重ねて貼っていきます。
途中でずれた場合には、ゆっくりはがして再度貼り直してください。

Harokkaで複数枚お買い求めの際は、裏面に番号が振ってありますので、1から順番に貼ってください。