アクセントクロスとは、お部屋のアクセントとなるような色やデザインのクロス(壁紙)を、壁の一部分(主に一面)貼ることです。
一面だけ色を変える事で、部屋全体に色の濃淡(陰影)が生まれお部屋を広く見せる効果があります。
また、窓が少ない部屋に植物の写真やイラストの壁紙を貼ってリラックスできる空間を演出したり、カラフルなクロスを貼ってアートな空間にしたり、ベースとなる壁のクロスとの対比で様々な演出ができます。

壁の一面だけのクロスを張り替えるので面積も小さく、初めてクロス貼りに挑戦する初心者の方にもおすすめです。

Harokka 手をつないだ瞬間 Designer Ushimaru Saeki

リビングにおすすめのアクセントクロス | リビングに貼るアクセントクロスの効果

人間の目は、明度が高い白系の色が、膨張して見えるように錯覚します。その為、国産の汎用クロスには白系の色が多く使われています。
ベースの白いクロスに対して、壁の一面に濃い色のアクセントクロスを貼ると、その方向に対して奥行きがあるように見える視覚効果が加わり、更にお部屋が広く見えます。
リビングにアクセントクロスを貼る時には、そのような視覚効果を利用すると良いでしょう。

思い切って壁一面のキャンバスに見立てて絵画のようなアクセントクロスを貼る事で、美術館やアトリエのようなアートな空間を演出する事も可能です。

Harokka a piece of flower Designer asagi taniguchi

寝室におすすめのアクセントクロス | 寝室に貼るアクセントクロスの効果

一日の疲れを取るための寝室には、リラックス効果が高い緑や青、茶色系のアクセントクロスがおすすめです。
また窓が少ない寝室にも、植物の写真や模様のクロスを貼ればリラックス効果が得られます。
伝統的な和柄模様で茶室のような落ち着いた空間を演出するのもおすすめです。
寝室に和柄?と思われる方も多いかもしれませんが、和柄とシンプルなベッドの組み合わせは見る人にモダンな印象を与えます。
逆に赤や黄には神経を興奮させる効果が有りますので、寝室には不向きです。

Harokka 群竹 muratake Designer irohana

ダイニングキッチンにおすすめのアクセントクロス | ダイニングキッチンに貼るアクセントクロスの効果

ダイニングには、食べ物を美味しく見せる効果が有る赤や黄色など暖色系のアクセントクロスがおすすめです。
逆に青系や寒色と言われ、食欲を減退させる効果がありますので、ダイニングには不向きです。
キッチンには料理をテーマにした食材系のイラストのアクセントクロスもおしゃれですね。
ホームパーティーが好きな方は、ダイニングやキッチンにポップな柄のアクセントクロスを貼って楽しい空間を演出するのも素敵です。

Harokka ジューシーなトマト Designer イノウエ エリコ

トイレにおすすめのアクセントクロス | トイレに貼るアクセントクロスの効果

トイレは、狭い空間ですので、アクセントクロスによって印象がガラリと変わります。
また、貼る面積が小さいので、初めてクロスのDIYに挑戦する方にもおすすめです。
クール、ラグジュアリー、ポップ自分の好きなテーマのアクセントクロスを貼ってみましょう。
白系との組み合わせだけでなく、様々なテーマのクロスを組み合わせても面白いです。
奥行きの有る風景写真のクロスなら、リラックス効果と合わせて部屋を広く見せる視覚効果も期待できます。

Harokka 朝のはじまり Designer たびりす

まとめ

アクセントクロスは、お部屋全面のクロスの張替えと比較して、気軽に挑戦できる初心者にもおすすめのDIYです。
壁の色やデザインを一箇所変えるだけで、お部屋を広く見せたり、アートな空間を演出したりと様々な効果が期待できます。
アクセントクロスで初めての壁紙貼りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?